<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Being on the road
今日の旅歌

caravan「TRIPPIN' LIFE」



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

長かったユーラシア大陸の旅がついに終わった。

2011年2月27日に関西空港を出発し、

一時帰国はしたものの、既に約18ヶ月という長い時間旅をしている。

実は当初の予定は15ヶ月で世界を回るというのが目標だった。

その予定が途中で大きく変更し、知らない間に2年以内という目標に変わっていった。

そもそも15ヶ月で世界を回る事自体、僕には不可能だったんだと思う。

あまりにも世界を見るには短すぎる。あくまで僕にとっては。


旅には色んな形がある。


世界一周を目標としてる人、

アジア、ヨーロッパ、南米などエリアを決めて旅してる人、

インドやタイなど一カ国を決めて長期滞在してる人、

訪問国数を増やす事を目標にしている人、

観光名所をとにかく回る人、

地元人との交流を重要にしてる人、

世界の祭りを追いかけてる人、

飛行機で旅してる人、

バスで旅をしてる人、

自転車で旅をしてる人、

一輪車で旅をしてる人、

徒歩で旅をしてる人、

一人で旅をしてる人、

友人と旅をしてる人、

夫婦やカップルで旅をしてる人、


どの旅が正解というのはもちろん無い。

どれも正解。あるいはどれも不正解なのかもしれない。


旅というのは自分で行き先を決めるものだと思ってる。

もちろん途中で良い出会いがあり、変更する事は多々あるが、最終的に決めるは自分。

旅の終わり方もそう。

本人が満足した時点で旅は終わるんだと思う。

短い旅であろうが長い旅であろうが、そんなの関係ない。

逆に言えば、本人が満足しなければ旅は永遠に終わらない。

旅が終われない旅人を何度も目にしてきた。


世界は本当に広く、多種多様で、面白い。

下の写真は出発当日、関西空港で見た景色。

家族や友人が見送ってくれた。

旅中、何度この景色を思い出したか。


海外初ジャンプ、香港にて。オバタと共に。


僕の旅は香港から始まり、

東南アジア、中央アジア、中東、コーカサス、ヨーロッパを経て、

ついにロンドンに到着した。

この18ヶ月の間に、本当にたくさんの人との出会いがあった。

僕の旅を支えてくれたのは、日本で待ってくれる家族や友人達と、

旅先で出会った人達のおかげ。

旅に出てなければ、僕はこの全ての人達に出会っていない。

そう考えるとなんか不思議な気持ちになってくる。

旅に出て失った物はもちろんあるけど、それ以上に旅で素晴らしいたくさんの物を得た。





























始めは深夜特急に憧れて、旅という言葉に酔いしれながら旅をしていた。

正直、深夜特急の世界観に浸りまくっていた。

そして、知らない間に深夜特急の呪縛から逃れ、自分の旅をしていた。

4ヶ月に及ぶヨーロッパ自転車旅も、そのひとつ。


しかし今、ロンドンに到着して再び深夜特急が頭に登場してきた。

沢木耕太郎が最終目的地にしていた場所、ロンドン。

僕も色んな経験を経て、ここに立っている。


「ワレモ到着セズ」


僕の旅はまだ終わらない。

次は南米大陸。

満足するその日まで。旅しまくってやる。

とりあえず一年間、無事で旅ができたことに感謝したい。

そして改めて、家族に感謝。


いつも読んで頂きありがとうございます!
あなたのワンクリックでペダル5漕ぎ分ぐらい先に進めます!
↓応援よろしくお願いします( ̄^ ̄)ゞ

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
 ←ポチッとな

ホームページもご覧下さい☆
backpacker.ikidane.com