<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

エジプト上陸
ブーーーーーン



エジプトの首都カイロ到着〜m(_ _)m

人生初アフリカ大陸上陸の瞬間。


キターーーーーーーー━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!!!!!!!!!!

ついに来ちゃいました!エジプト!!

いやー、もうインドじゃないんやね!笑

飛行機の移動速度が早過ぎて、自分がエジプトにいる事が信じられない。

とりあえずアライバルビザを取るための申請をしないと。


僕「ビザはどこで取得するんですか??」

エ「ん??横の銀行で取りな!!」


という事で銀行窓口へ行くと、15$と言われ、素直に渡す。

すると1枚の紙がもらえる。


これがビザ。

一ヶ月有効で15$

無事イミグレを通過して荷物の受取。

会えた会えた。寂しかったよ!!


イミグレを通過すると、いつもの瞬間。

現地人とのご対面。


いやー久しぶりに新しい国に来たら緊張するね!!

空港から出るとアラブ系イスラム教徒の方々がたくさんいて、

やはりインドとは違うことを実感。

ってか、まずサリー姿がないもんね。笑

ホンマに来ちゃったんなー!!

まさか自分の人生の中でエジプト来るなんて思ってもなかった!



ひとしきり感動を味わった所で、市内へ行く事にした。

空港からバスでタフリール広場まで。

いや、なんかやっぱり成長してるよ俺。

エジプト人ウザイって聞いてたけど、やっぱりインド人のしつこさには敵いませんよ。

三ヶ月半もいたもんね。


カイロ空港での嘘つきタクシー野郎達をサラリと受け流し、

無料シャトルバスに乗ってバスステーションまで向かった。



そこから27番のバスに乗り、タハリール広場へと向かった。

料金は2エジプトポンド

ちなみに1エジプトポンド=14円ぐらい!

この先エジプトポンドって言うの凄くダルイから、これから略してエジポンとでも言いましょうか!!

エジポンって、なんか柑橘系の匂いがするね。


タハリールバススタンドに到着し、歩いて有名な安宿ビルへと向かった。

土地勘が無くてどの方角かも分からない。

とにかく街の人に聞きまくった。

エジプト人、結構優しいよ!ちゃんと教えてくれるしね。

インド人みたいに適当に教えないから凄く有難い!!

20分後ぐらいにやっと到着。


このビルは日本人旅行者の間では、とても有名なビル。

スルタンサファリベニス細川など有名な安宿がこのビルに集結している。

僕は2階にある一番値段の安いスルタンに決定。


ドミで一泊20エジポン≒280円ってとこかな!

日本人がわんさかいるんかと思ったら、来てみてビックリ。

誰一人として日本人いない。。。。

寂しっ!

まぁ、泊まってたら来るかな?

とりあえずドミには韓国人が一人と、パキスタン人が一人。

ムスリムのパキスタン人は一日5回ドミの部屋でアッラーにお祈りを捧げています。


僕のパソコンのモニターを覗いてくるのだけは気に食わないけど、

とてもとても優しい良い人です。


まぁ、そんなこんなで無事エジプト着きました!

明日はちょっとブラブラして、街でも歩くかっ!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

読んで頂き、ありがとうございます!!
できればワンクリックのご協力よろしくお願いします!
(Ctrl+クリックで新しいタブで開く方法が便利です☆)

ブログランキング
なんと74!!あーがーってキターー!!!!
巻き返さないと。ってか放ってたら俄然順位下がるからね。。。
引き続きワンクリックのご協力よろしくお願い致しますね!目指せ30位!!
いや、やっぱりせっかく目指すなら世界一周ブログランキング1位っしょ!!!!!
そうや!何でも良いんで読んだらコメント頂けたら嬉しいです!!


ホームページも
ご覧ください!http://backpacker.ikidane.com/


自称革命のリーダーの正体
カイロ2日目。

この日は朝から街を探索することにした。

エジプトの首都カイロ。

エジプトと言えば数年前に起きた革命のイメージが未だ強い。

現在のエジプトに政府はなく、警察もちゃんと機能していない状態らしい。

僕も正直、まだ怖いイメージがあった。

革命の舞台でニュースにもなっていたタハリール広場

5月末に大統領選挙があるという事で、ますますタハリール周辺はピリピリモードらしい。

旅の先輩にまだ危険だから近づかないほうが良いよというアドバイスも受けていた。


でも、せっかくエジプトまで来て、あの歴史的な場所を見ないのは、ねぇ〜?


好奇心ARMSが発動しかけている。

でも、今回ばかりは情報も無いし、慎重に行動しないと。

そんな事を考えながらホテル周辺をブラブラ歩いていた。



ちなみに、、、エジプト人は旅人の間で世界三大ウザイ国の1つとして挙げられている。

1 インド
2 エジプト
3 モロッコ

エジプト2日目にして既にウザいエジプト人には何人もあった。

ゲストハウスの嫌味な奴や、商店の親父など、、、

インド人とは違う、なんか別の嫌味な感じ。性格が腐ってるって感じかな。


でも、もちろんカイロの人は決して嫌な人間ばかりではない。

道を歩いていると良く声を掛けられる。

エ「何処から来たんだ??」

僕「日本だよ!」

エ「マジか!日本か!!俺は日本をリスペクトしている。日本の車はNo,1だ!!」

ってな感じで。


「Welcome to Cairo」などと言われて嫌な気はしない!


そんな感じに慣れていた時、通りすがりの1人のエジプト人が新たに声をかけてきた。

少しエジプト人を好きになりかけていた僕は、彼の話を好意的に聞いていた。

タハリール広場の方角を知りたかった僕は、その彼に道を聞いてみた。

すると、彼は「今からそっちの方に行くから連れてってあげるよと」の事。

おっ、良い奴やん♪


彼の名前はラヤン。


自称革命のリーダーで、アメリカ被れのファッションとノリでエジプト人に見えない。

確かに自称リーダーと言うこともあり、道行く人は彼に必要以上に挨拶していた気がする。


話しているうちにタハリール広場到着。



護衛付きで安心だったので内部まで案内してもらった。

彼は革命時にこのタハリール広場で一番大きな声で叫んでいた。と自負していた。

ホンマかい!


内部の方は確かにちょっとピリピリしていて、

インドやそれまでの国とはやはり違う空気を感じる。

ファンキーなラヤンとタハリール広場で記念撮影。









いやー、おかげで良い経験できたよ!

その後、時間があるらしくラヤンとお茶をする事に。

チャイとシーシャ(水煙草)を吸いながら、まったりカイロの町並みを眺める。



イスラム教徒のラヤンがお祈りに行く時間だと言う事で、

僕も近くのモスクに連れてってもらった。

イスラム教徒は一日に5回、聖地メッカの方角に向かってお祈りをする。

インドとは違う。本格的なイスラム圏にやってきた事を実感。





その後、夜のナイル川を見に行く事に。

これは、ナイルの賜物やでぇぇぇ〜!!!

あっ、そのままか。





一緒に買った、ってか知らない間に僕がラヤンの分も買う事になっていたお揃いのリング。



晩飯も一緒に食べる事になり、近くのレストランへ向かった。

食事をしながら話していると、話題は僕の今後のルートの話へと変わっていった。

この先カイロからルクソール・アスワン・アブシンベルなど、エジプトの南の方へ

行くつもりだった。

でも全く情報が無かったし、ややこしそうだし、どうやって行くか悩んでいた。

するとラヤンが、

「俺の友人が旅行会社をやっていて、かなり安くでツアーを組んであげれる」って。

ツアーか。。。

確かにツアーで組めば、面倒なチケットの購入や宿さがしはしなくて済む。

でも、何か心に引っかかる。

それを察してか、ラヤンが急に僕を説得し始めて、僕もついに丸め込まれてしまった。

最初は断ってたんだけど、ラヤンはその話を止めない。


とりあえずツアーの正規料金が分からないので、一回ホテルに帰って値段をチェックしたかった。

一度ラヤンと別れ、ホテルに帰って、日本人旅行者が多く泊まっているベニス細川家というホテルへ行った。

そこに泊まっていた日本人の方に話を聞いてみるとアブシンベルまで回るツアーの料金が、

ラヤンの提示する料金より少し高かった。

日本人宿で有名なここのツアー料金は信用できる正規料金だろう。

それより安いんだから、ラヤンに頼んで組んでもらおうか。


まぁ、面倒臭いし、いいやっヽ(°▽、°)!!


って事で、早速その日のうちに旅行会社へ行ってツアーを組んでもらった。

ちなみに料金は、アスワン・アブシンベル・ルクソール・ダハブまでの移動と、

宿泊費が含まれて1530エジプトポンド≒21400円ぐらい。

これで安心安心!










旅慣れたバックパッカーの皆さんなら気づいていますよね?

そうです、僕はバックパッカー失格です。


何でこんなルートでツアーなんか組んじゃってるんすかね??

正直、自分でも何でこうなったかは分かりません。

心の弱さが露呈しました。

自力で行ったらもっと安くで行けるのに。そんな事分かってたのに。

インドで3ヶ月半も旅してきたのに!!!

面倒臭いという理由で、旅の醍醐味をお金で解決しちゃった。


そして、ホテルに帰って分かった事ですが、ラヤンは旅行会社の回し者でした。

偶然できたエジプトの友達だと信じていたけど、結局「金」目当てで近寄って来てた訳。

ツアー料金の何割かのコミッション料を目当てに。


スルタンホテルに帰って、受付のアハメッドにその事を話したら、ひどく怒られた。


「お前は旅人だろう??

お金をセーブしなきゃいけないのに、こんな高いツアー組んで。何してるんだ?

何で俺に一言相談しなかったんだ!?

今すぐツアーを破棄してこい!!

カイロで話しかけてくるエジプト人は絶対信用しちゃいけないよ!」って。


こういう人が本当に信用できる人っすよね。。。

結局一度支払ったツアーを破棄する事なんかできず。。。

あーぁ、なんか本当に情けない。

騙されたというより、自分の心の弱が情けない。

本当に何してんだか。。。


明日は、そのラヤンとギザにピラミッドを見に行く予定になっている。

またラクダツアーとか組まされないように気をつけよう。

一切、金を払わずにラヤンを利用してやる。

あ〜、反省。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

いつも応援ありがとうございます。
よろしければ1クリック↑お願いします☆
世界一周ブログランキングのポイントに加算されるシステムですφ(゚Д゚ )

現在・・・232位。
まぁ、ボチボチいきましょ!

旅のホームページも御覧ください☆【I am Backpacker 世界一周物語】
http://backpacker.ikidane.com/


ラヤンと対決 at ピラミッド
昨日の「アブシンベルツアー組まされた事件」から一夜明けた。

まぁ、事件って言っても自分が悪いんやけどね。

スルタンホテルのアハメッドが、ラヤンの正体を見破ってくれた。

そう、彼は一般人ではなく、旅行会社の回し者だった。

彼はまだ自分の身がバレてないと思ってる。

へっへっへ。

こちらはもうお前の事は全て知っているんだ。

申し訳ないけど、お前は信用するに値しない男だ。ピプーー!!

今日は絶対ラクダツアーは組ませないぞ!!!


朝、チャイ屋で待ち合わせ。

ラヤンが来るのをじっと待っていた。





来た。

ラヤンが来た。

いつものノリで「Good morning my brother!!!」って。

なにがブラザーじゃい(#゚Д゚)y-~

お前は腹の出た真木蔵人かっ!



お茶をしながら今日のギザのピラミッドの話になった。


ラヤン「今日はいよいよピラミッドだね。ラクダに乗って、最後にサンセットを見に行こう!セット料金でそっちの方が安いから!俺は政府のラクダツアーの場所を知ってる。今日はそれで行こう!」


早速かいっ!!!きたよきたよ!!


こいつ、昨日で味をしめたな。早速、の話や。

昨日は完全に信用していたから簡単だったろうけど、今日の俺はひと味ちがうぜ??


俺「いや、今日は歩きで行く。入場料金を知ってるから、ツアーは組まないよ!!」


言ってやったぜ。ビシっと決まった!


ラヤン「え??いやいや、セットの方が安いんだぜ?歩くとかクレージーだ。サンセットを見に行くにはラクダに乗らないとダメなんだ!!お前はOLD BROTHERの提案する事が聞けないのか??一緒にサンセット見たくないのか??」


あー、なんかややこしくなってきたぞー。

ただ、僕は一貫して今日は歩いて行くと言い続けた。

その後、30分ぐらいラヤンの説明を聴き続けた。

決着しないので、とりあえず駅まで向かう事になった。

ちなみにピラミッドのあるギザまではカイロを走っている地下鉄で行くことができる。


駅に到着。改札の前。


ラヤン「で、結局ツアーを組むのか?組まないのか?どっちだ??俺はお前とサンセットを見たい、その為にはラクダに乗る必要がある。もしラクダに乗らないなら、俺は行かない。お前がそんな事言うなんてとても残念だ。」


ラクダに乗らないと行かないって、、、お前は子供かっ!!!


僕「いや、サンセットポイントの場所なら知ってるよ。僕のガイドブックに歩いていけるって書いてある。俺は歩いて回るから、ツアーは組まないから!!!」


ラヤン「分かった、ブラザー。聞いてくれ。俺は左足が悪いんだ。」


出た!!最終手段!!足痛いとか言い出した!!

何こいつ!!

結局改札前で再び30分ぐらい言い争った。


もう超面倒臭い。


僕はラクダには乗らないと言い切って、切符を買いに行った。

なんだかんだで電車に乗って付いてくるラヤン。

マジで子供や。電車の中でずっとムスっとしてる。

もう付いてこんでいいのに。


ギザに着いて、ミニバスで向かう。

ここでも、ラヤン。

「ここでミニバスに乗ったら最後。どうする?ラクダに乗るか?乗らないのか?俺は足が悪いから、もし乗らないなら帰る」って。

もう、めっさ面倒くさい!!!

もう、はよ帰れよ!!!

俺は一貫してラクダには乗らないと言い切り、ミニバスを捕まえた。

結局、乗ってくるラヤン。。。。。もう勝手にして下さい。



ふてくされてるラヤン。でも右手にはピース。腹立つわー。



いよいよ、念願のピラミッドへ。



ドドン!



でけーーーー!!!

想像してた二回りデケーーーーー!!!!!


いやー、これはなかなか感動するね。

ウザイと噂されるエジプト人も、ラヤンのウザさに比べれば可愛いもの。





この人、腹どうなってんの??











来ましたよ、スフィンクス。



スフィンクス自体はあんま大した事なかったけど、その分ピラミッドが凄かったね。

しつこかった物売りの少女。

まぁ、でも可愛かったからヨシ



ここにはアップしてないけど、写真を撮れ撮れと終始うるさかったラヤン。

特に撮ってくれと言ってたのが、ジャンプ写真。昨日見せた僕の写真が気に入ったみたい。

仕方なく二人でジャンプ写真。



ってかさ、朝、左足痛いって言ってたよね??

さっきから飛びまくってるし、俺以上に楽しんでるんやけど。

ってか、あんたホンマにエジプト人??何回ここ来てるん??

これが有名なスフィンクス前にあるというケンタッキー。



ホンマど真ん前にあるよ。

思った以上に違和感なく、佇んでました。


結局、ツアーに組まれる事無く、自力でピラミッドを観光

ラヤンの最後の一言。


「どうだった??やっぱり歩いて見て良かっただろ?俺が最後ミニバスに乗り込んで一緒に来て良かったな!!俺はお前を一人残すなんてできない人間だからな!!」


あーーーー、超ウゼーーー。。。

日本やったら100%友達になってないタイプ。

あんなに改札前でラクダツアーのダダこねてたのに。

よく切り替えて、そんなセリフ言えるわ!


まぁ、ラヤンのおかげで客引きもしつこくなかったし、いいか。

今回はいい勉強になったよ。

エジプト人はウザイ。

こいつ一人で決めてしまうのは良くないけど、まぁ、もう良いでしょう。

他のエジプト人も大概やし。

そして、お金を払う時は即決せず、かならず一度落ち着いて考えましょう。

今更ですが、旅の基本やね。



あー、この顔腹立つぅ

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

いつも応援ありがとうございます。
よろしければ1クリック↑お願いします☆
世界一周ブログランキングのポイントに加算されるシステムですφ(゚Д゚ )

現在・・・232位。
まぁ、ボチボチいきましょ!

旅のホームページも御覧ください☆【I am Backpacker 世界一周物語】
http://backpacker.ikidane.com/


カイロ脱出
今日の夜、カイロを脱出!!!

もうラヤンの顔は見たくない!!!


って事で早朝からエジプト考古学博物館を見に行った。

ツタンカーメンの金ピカの仮面や、その他教科書に載っているような有名な物まで、

かなりの見応えがあった。

あんな貴重な物を、あんな展示の仕方で良いのか??

簡単に触れちゃうけども。。。



いやー、なかなか面白かったよ!見応え充分!


ホテルに帰り、仲良くなったパキスタン人のラシードに挨拶。

本当に笑顔の素敵な優しい人やった。

今度パキに行くことなったら泊めてくれるってさ☆



お世話になったスルタンホテル。

日本人旅行者の大概はベニス細川家に行くみたいやけど、俺は断然スルタン派です!

ベニスの受付は本当にうざかったけど、スルタンの受付アハメッドは親身になってくれて

信用できる素晴らしい男です。

写真は撮れなかったけど、頭のちょっとだけ薄い、男前な奴!

夕方から夜にかけて働きに来ます。

アハメッド、本当にありがとう。

オーナーの息子は、ビックリするぐらいクソ野郎やけど、まぁ無視してたら良いんで☆

もし、このブログを読んでスルタンに行かれる事があったら、

アハメッドによろしく伝えといて下さい!



よーし、ほな行きますか!!

例の旅行会社に行き、そこからTAXIでラムセス駅へ。

文字版、意味不明!!



ただ、対策は練ってありますよ!!

どうじゃい!!



これでホームの番号から列車番号、席番までバッチリだぜい!!

よーし、アスワンに向かって出発じゃい!!



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

いつも応援ありがとうございます。
よろしければ1クリック↑お願いします☆
世界一周ブログランキングのポイントに加算されるシステムですφ(゚Д゚ )

現在・・・162位。
まぁ、ボチボチいきましょ!

旅のホームページも御覧ください☆【I am Backpacker 世界一周物語】
http://backpacker.ikidane.com/


弾丸!アスワン・ルクソール・アブシンベル
カイロを脱出し、アスワン・ルクソール・アブシンベルへ。

ツアーが終わった感想。

正直ツアー料金と内容を比べると、ガッカリですわ!

自分で手配して旅するのと何ら変わりない!!

事前にチケットやホテルだけ予約してて、後は自分で動いてるだけ。

ちくしょー。。。


まぁ、でも、やっぱエジプトの遺跡は素晴らしかったです。

アブシンベル神殿やフィラエ島や王家の谷など。


ただ、ルクソールにいるエジプト人はかなりひどかったね。

あんまり悪口は言いたくないんですが、僕が出会った奴はマジでクソ野郎

詳しくは書きませんが、嘘みたいにクソ野郎でした。

インド人は子供のような無邪気なウザさやったから許せたけど、

エジプト人は、ただのめっちゃ性格悪いオッサンです。


でも、ツアーで知り合った人達と出会えたのは大きかったね。

この人達に出逢うために、高いお金を払ったと思ったら全て許せる!

コロンビア人のjessikaとMarcelo。

スペイン人のRaquelとSilvia。

アルゼンチン人のpatricia。

ホンマ大好きっす。

また何処かで会えたら良いな。

とにかく、弾丸ツアーの様子を写真だけで弾丸見てください。















アブシンベル神殿





jessikaとMarcelo。



Patricia。









左からMarcelo・jessika・Raquel・Silvia・Me。













なんだかんだ言って楽しかった☆

次はルクソールからバスで直接ダハブへ。

ダハブはダイビングで有名。

そしてもうひとつ、旅人の間では有名な言葉がある。


「恋するダハブ」


なに〜!!!あいのりのようなシチュエーションが待ってるのか!?

待ってろぉぉぉ!!ダハブゥゥゥ!!くぅぅぅぅぅ!!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

いつも応援ありがとうございます。
よろしければ1クリック↑お願いします☆
世界一周ブログランキングのポイントに加算されるシステムですφ(゚Д゚ )

現在・・・224位。
まぁ、ボチボチいきましょ!

旅のホームページも御覧ください☆【I am Backpacker 世界一周物語】
http://backpacker.ikidane.com/